セルロースセメントを使ったハンドメイドルアーの作り方 by おっちゃん

トップコートもセルロースセメント!!  試行錯誤の毎日

セルロースセメントを使ったハンドメイドルアーの作り方    9.   アルミ貼り

9.  アルミ貼り   

 

 

 

これ使います。

 

 

f:id:HML:20211201140821j:plain

 

 

 

アルミホイル、ロ―ラ―カッター、木工用ボンド(水で薄めてあります。)

 

ヤスリと、ゴムへら

 

 

 

で、始めに作った型紙よりも、ほんの少し大きめの型紙を作ります。

 

 

f:id:HML:20211129132840j:plain

 

 

まず、適当に切ったアルミホイルを二つに折ります。

 

こんな感じ。

 

 

f:id:HML:20211201141006j:plain

 

 

で、型紙をトレース

 

 

f:id:HML:20211201141126j:plain

 

 

ロ―ラ―カッターで、シャ―と

 

この道具も初め思ったように使えません。

 

練習あるのみ

 

f:id:HML:20211201141527j:plain

 

 

しっぽのほうは、伸ばしたまま。貼ってから切ります。

 

で、ヤスリにのせてゴムへらで、模様をつけます。

 

 

f:id:HML:20211201141948j:plain

 

で、本体を軽くペ―パ―がけします。

 

 

 

 

貼る所だけで、よろしいかと。

 

ここでのぺ―パ―がけは、本体のデコボコの確認の側面もあります。

 

よく確認しないと、少しの凹みでもアルミを貼ったあとに浮き出てくるので

 

慎重に、作業します。

 

そして、本体に木工用ボンドを薄く塗ります。

 

こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

木工用ボンドを使うのは、失敗しても簡単にやり直せる所。

 

アノンを使ってもいいのですが、失敗すると大変なので

 

初めは、木工用ボンドを使うのをオススメします。

 

そして、慎重にアルミを貼っていきます。

 

真ん中から、外に外に伸ばしていきます。

 

まぁこういう作業は、何度も何度もやると段々と上手くなると思います。

 

なかなか上手くいかない場合は、ヤスリの目の粗いものを使うと

 

上手くいくと思います。(伸びやすい)

 

はみ出たボンドは、水で濡らしたティッシュで綺麗に

 

拭き取って下さい。

 

 

 

乾燥。最低3日

 

 

 

環境にもよりますが、よく乾かして下さい。

 

貼りの弱いものはここで、アルミが浮いてきます。

 

このアルミ貼り。簡単なことですぐに傷がついてしまいますので

 

くれぐれも慎重に。

 

 

でわでわ本日はこの辺で・・・   また次回。